読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1カ月検診について

出産は愛育病院でしたが、赤ちゃんの1ヶ月検診は南麻布にある愛育クリニックで受ける必要がありました。

初めての外出になるので、主人に付き添ってもらいました。

寒いけど、快晴!よく晴れてよかったね。

初めてクリニックの方へ来ましたが…移転していなければ愛育病院での出産はなかったなーと感じました。。笑 あと我が家から行くにはタクシーじゃないと不便というのもネックになってただろうし。本当、移転してくれてよかった。

さて、1ヶ月検診の流れとしては…

身長・体重測定

医師による診察

ビタミンK2シロップの投与や予防接種についての案内

 

出生時に比べ身長は2.4cm伸び、体重は1,346g増えて5,000g程に。

順調すぎる程成長してくれていました!道理で重く感じたわけだ…笑

本当にありがたいことです。

生まれた時もそうでしたが、パパに似て大きめに成長していく気がします。今のうちにお祝いでいただいた服を着させておかなきゃ!!

 

田町の愛育病院もそうでしたが、愛育クリニックも親切で優しい看護師さん&先生ばかり。お礼の気持ちを込めて、改めて愛育病院は最高だったよ記事を書いて宣伝しなければ(笑)

 

赤ちゃんの検診は愛育クリニックのみですが、母親の1ヶ月検診は田町でも受けられます!なので、私自身の1ヶ月検診は愛育病院の方で受診しました。

1ヶ月前には入院してたんだよな〜と思うと感慨深かったです。そして沢山の妊婦さんを見ていると羨ましいような、懐かしいような、誇らしいような、とても不思議で幸せな気持ちになりました。

診察の結果、子宮の戻りも順調、卵巣の腫れなどもなく問題ないとのことで安心。湯船にゆっくり浸かれるのが嬉しい!

 

帰り道に近くのお寺寄って、健やかな成長をお願いしました。お疲れのようで、ぐっすり!

f:id:foodie-dorothy:20170317125751j:image

これから少しずつ外出できるから嬉しい!暖かくなったら色んな所に行こうね(*´꒳`*)

 

Dorothy

 

生後0ヶ月まとめ…もう新生児期が終わったのね!

なんだか日々落ち着かなくて、1週間ごとに書くのは無理でしたぁ…笑

生まれてから1ヶ月はあっという間に経っていました。

と、思いつつ早く一緒に外出したくて、まだかなまだかな?と待っている自分もいたり。

日々重くなっていく我が子を抱いていると、ゆっくり成長していって欲しいと願う自分もいたり。

自分の感情的にも忙しい1ヶ月でした。

 

生後0ヶ月の記録

-まさしく昼夜逆転…昼間は寝かしつけいらず。授乳が終わればすぐに寝るのに、夜は寝かしつけに3-4時間掛かることがほとんど。寝たと思ってベッドに寝かしても、5分持たず泣いてしまうという繰り返し。おっぱいが足りないかと思いあげると、吐いてしまいまた泣くと。夜の寝かしつけはしばらくの課題ですね。

-一度寝てしまえば3時間程は寝てくれます。その間に私も寝たり、来てくれている母とお話したり、身体を休めていました。

-母乳は今のところ順調に出ている様子。乳首の痛みも入院中に比べれば耐えられる程度に。常にピュアレーンは忘れず。

-おっぱいの後、そのまま授乳クッションの上で寝てしまう

-寝かし付けの時は胸の上で寝させると安心してよく寝る

f:id:foodie-dorothy:20170302062740j:image

-新生児微笑が可愛過ぎて困る。

-沐浴始める前とお湯からあげた時は大声で泣く。

-オムツ替え途中の噴水を予知できない…お尻をよく拭かなきゃいけない時は要注意

 

 

それくらいかな、、もはや思い出せないことも…思い出したら追加します。

あっという間に時間は過ぎちゃうから、ちゃんと記録しておかないとね。

 

書きたいことは沢山あるから、時間見つけて書くぞーー!

 

Dorothy

生後2週間まとめ…家での生活!

生後2週間は産褥期間になるので、ママは無理をしてはいけないと言われていますね。この時期に無理をすると、すぐにではなく歳をとった時に怖い影響が出ると…なので、私は母に毎日来てもらいました(^_^*)里帰りをしなかったのてはいくつか理由があります。

1)実家が近いので通ってもらうことが可能

2)パパと赤ちゃんとの時間をなるべく多く作りたい

3)実家にネコがいる

4)主人の両親兄弟、友達にも気軽に会いに来て欲しかった

5)早く我が家の雰囲気に慣れてもらいたかった。あと、早いうちからベビーベッドに寝かせたかった。などなど…

母には大変負担を掛けてしまっていますが、可愛い孫の為よと頑張ってくれています( ´∀`)本当ありがたいです。

 

赤子は生後2週間で完全に昼夜逆転しております。昼間は本当に大人しく、来る人たちにも寝顔ばかり見せてました。ただ深夜1時くらいから4時くらいまでは寝る気がないらしく、泣いてるか乳飲んでるか目を開けて様子を伺ってるか…恐らく眠くて仕方ないのにどうすればいいか分からないという状態なんでしょう。

一つ悩むのは、おっぱいを飲ませた後げっぷをさせたいけどげっぷをさせようとするとぱっちり目が開いてしまい、またおっぱいを求める…という繰り返し。お腹いっぱい飲んでるはずだから、もしげっぷさせないと吐いちゃうし。。毎晩試行錯誤しております。

 

二重あごがたまらん♡

f:id:foodie-dorothy:20170207235916j:image

 

Dorothy

生後1週間まとめ…これ、続けられるのかな?笑

しばらくは一週間ごとに成長を綴れればいいのですが…果たして続けることが出来るのだろうか…?笑

分かりませんがとりあえず頑張ってみましょう!

 

生後1週間は…色々な箇所の痛みに耐えながら、授乳とオムツ替えをひたすらしていた!という印象です。

-赤ちゃんは夜行性と言われた通り、昼間はよく寝て夜に元気に泣くという毎日。その泣き声はとっても大きく、あまりに泣き続けていると看護師さんが様子を見にきてくれました。

 

-会陰切開をしたので、特にオマタの痛みがひどかった…だけど処方された痛み止め(ロキソニン)を飲むことになぜか抵抗を感じて我慢していました。産後3日目になると痛みが少し良くなったのですが…5日目には痛みが再度酷くなり。。。看護師さんに相談すると、「授乳のために長時間座っているせいか、傷が引っ張られている。ロキソニンは授乳中に飲んでも問題ないと証明されているから我慢しなくていいんですよ。」と言われ…

もう我慢するのはやめました!けど、痛み止めってすごい…凄すぎる。。。慣れるのは怖いから、本当に辛い時だけにしようと思います。

 

-授乳がこんなに痛いものとは知らなかったです…お母さんが笑顔で赤ちゃんを見つめている授乳シーンをよく見ますが、ああなるまでどのくらいの時間かかるんだろうと思います。。早速乳首に血豆ができましたが、これはもう我慢するしかないとのこと。

せめても授乳終わる毎にピュアレーンを塗りたくって、乳首を保護することでどうにか頑張れました。この存在を知らなかったらどうしていたんだろう…と、思うくらい頼ってます。

【送料無料】ピュアレーン100(7g)3本セット★メデラ正規品 PureLan100 Medela 乳首ケア 乳頭ケア ベビークリーム 赤ちゃんスキンケア 授乳

価格:3,240円
(2017/2/3 14:38時点)
感想(1504件)

母乳育児に力を入れている愛育病院の指導の結果、退院した今は母乳だけでやってこれています。乳首の痛みには未だ悩まされていますが、必死に頑張って飲んでいる息子を見ていると痛みもどうにか我慢できるから不思議なものです。

 

-尿も出産後すぐに出たし、便も次の日にはちゃんと出ました!さすがに便をする時は戦々恐々でしたが、痛くなかった!!!笑 よく食べよく飲むことが大切ですね。1日に少なくとも1.5Lのお水は飲んでいました。

 

-退院時に体重を測ると出産前より7kg程やせていました。結局体重は妊娠前に比べ13kg程増えていたみたいです。今はダイエットのことは考えず、体力回復を第一に体重は少しずつ減らしていけばいいと思っています。

 

-マミーサロンのお産直前クラスでニッパーを購入していましたが、きつすぎてすぐには着けられませんでした。看護師さんにも無理してつけなくていいですよーと言われたので、この言葉に甘えました。

出産日当日はさらしで骨盤を支え、出産翌日からはトコちゃんベルトを着けています。

 

気付いたらあっと言う間に退院の日になって、生まれて1週間経ってました…

 

ようこそ我が家へ(*^_^*) 沢山寝て大きくなるんだよ❤︎

f:id:foodie-dorothy:20170204203656j:image

 

Dorothy

出産レポートその2 -LDR室での出産-

出産レポートその1の続きです!

 

本陣痛が始まって約3時間半後にLDRへの移動…LDRに入った時が一番緊張してたなぁ(*´-`)

陣痛の合間にアロマを焚いたり(電気式)、飲み物やタオルや音楽の準備をしたり、慌ただしく動いていました。

子宮が全開になるまで助産師さんも付きっきりではないので、夫婦2人きりで部屋にいることも多く、これからどうすればいいんだろう?と思っていましたが…そこは本能ですね。気付けばフルフラットになる分娩台の上であぐらをかきながらひたすら陣痛と向き合っていました。

バースプランにも書いて、主人にも唯一強くお願いしていたこと。それは「私がちゃんと呼吸しているか(息を吐けているか)チェックしてほしい」ということ。

痛いとつい息を止めてしまいがちですが、そうすると赤ちゃんに酸素が届かず赤ちゃんが苦しくなったり、また身体が固くなりいい陣痛が来ないで分娩が長引いてしまうと聞いていたので…呼吸(特に息をちゃんと吐くこと!)には凄く気を使っていました。

体勢は常にあぐら。あぐらは骨盤が開きやすいみたいで、子宮口3cmから8cmまで開くスピードが予定より数時間早くて助産師さんに驚かれ褒められましたっ(*⁰▿⁰*)やっぱり褒められると嬉しくて頑張れるものですね!

私にとって子宮口8cmから全開になるまでが一番キツい時間でした。主人にもこの時が一番辛そうだったと後から言われ…助産師さんに「今のうちにトイレに行きましょう」と言われた時は本当に言葉を失ったなぁ、、笑 それでもどうにか助産師さんに支えられ、2度の強い痛みに襲われながらもトイレを済ますことができました。(もし出なかったら管を入れなきゃいけないらしく…ええ、なんとか絞り出しましたよ…)

子宮口が全開になったらいきんでOKと言われ、いよいよだぁーーと再度気合いが入ったのを覚えています。

そしてここからは陣痛が来る度、思い切りいきんで赤ちゃんが降りて来るのを待ちました。

頭が見えればお産の体制になりますと言われ、とにかく無我夢中で力一杯いきみました。余りの痛さに強い吐き気に襲われましたが、いきめるほうが楽ですね。陣痛の合間は深呼吸で気持ちを落ち着かせて、普通に会話したり、飲み物を飲むようにしました。

私が痛みを感じている時は、赤ちゃんも痛みを我慢して降りてきている時。心が折れそうになったら「頑張れ頑張れ」と声を出して、赤ちゃんも一緒に頑張っている…いや、赤ちゃんの方が頑張っているということを思い出すようにしました。

そして…!!

医師が登場し、助産師さんも人数が増えていよいよという段階になりました。

赤ちゃんの頭が少し大きかったみたいで、会陰切開になりましたが…まぁなんとなく予想していたので、あまり驚きはありませんでした。もう願うことは無事で生まれてくれることのみ。あっと言う間に処置していただきました。

そしてドラマで見るような出産シーンを目の前にしながら強く激しくいきむこと数回、本陣痛開始から約7時間後に丸々した元気な男の子が誕生っっっ!!!

f:id:foodie-dorothy:20170202215036j:image

生まれて泣き声が聞こえた瞬間、主人の「あー可愛いー!」の一言に涙。

ついに我が子が私たちの元にやってきてくれました。10ヶ月間、お腹の中で元気にすくすく育ってくれた我が子にやっとやっと会えました。その時の感情、光景は今思い出しても身震いする程の感動です。やはり陣痛は気が遠くなる程の痛みでしたが、この痛みを含め感動のお産となり、貴重な経験することが出来ました。体重は何と推定体重より600gも重く…みんな「大きいねぇ」と笑っていました。

先輩方がみなさん言うように、陣痛がどんな痛みだったか既に忘れてしまいましたσ(^_^;)笑 とにかく腰が砕けそうになってその直後にお腹がとんでもないことになったという記憶があるのですが、今となっては、はて?具体的にどんな痛みだったか…思い出せず。身体って不思議ですねぇ。

もし2人目ができたらその時は無痛にするでしょ??と家族みんなに言われていますが、その頃には「そんな痛くなかったしー!」とか言ってそうで自分が怖いです。笑

 

そんなこんなで無事我が子と対面できたのでした。

陣痛が来る度背中をさすってくれ、ちゃんと呼吸をするように誘導してくれた主人。ずっと応援してくれ、終わってからは私への感謝の気持ちをストレートに伝えてくれました。主人に対してはもう本当に感謝の気持ちでいっぱいで、よりこの人が愛しいと改めて思いました。これから主人と一緒に我が子を育てていける幸せ…1日1日を大切にしなきゃ罰が当たりますね。本当に感謝感謝です。

 

出産してそのままLDRで2時間程休憩した後、いよいよ母子同室で育児スタートだったのです♡

深夜0時でも、かあちゃん頑張るよーー!!!

 

Dorothy

出産レポートその1 -本陣痛が始まるまで-

忘れないうちに出産レポです!

 

それは突然やってきました。

朝方寝ているとオマタに違和感を感じて目が覚め、すぐにお手洗いに行くと…

おしるしの後から念のため付けていたナプキンがぐっしょり。

これは破水だとすぐに分かりました。

いざ出陣!とばかりに夜用ナプキンをそそくさと装着し、主人を急いで起こして、病院に連絡。この時痛みはまだありませんでした。

1週間以上前におしるしがあったせいか意外と落ち着いてた気がします。

私はGBSが陽性だったこともあり、 

すぐ来てくださいと言われました。

登録していた陣痛タクシーに連絡、早朝でしたが10分掛からず来てくれました。

出産用荷物だけ持って(入院用スーツケースは後から持って来てもらうことにしました)、いざ病院へ!

深夜出入り口には私たち以外に待ってる方はおらず、スムーズに病室まで案内して貰えました。そして内診の結果間違いなく破水とのことで、そのまま入院となりました。

この時もまだ痛みはなく、もしこのまま明日まで本陣痛が来ない場合は促進剤を使うという案内を受けて…少しビビる(´・_・`)笑

 

面会時間外だったのでここで主人は一旦帰宅し、本陣痛が来たら再度来てもらうことになりました。

驚いたことにすぐ朝食が出たので、これからの大仕事に備え全て綺麗にいただきました(´∀`*)

f:id:foodie-dorothy:20170201140612j:image

破水だと動いちゃいけないと思ったのですが念のため看護師さんに聞くと、「どんどん動いて歩いた方が陣痛来ますよ!」と言われ…

知らなかったー!!破水したら安静にしてなきゃいけないのは、入院するまでとは。入院したら陣痛くるよう、ガンガン動き回っていいとはー!!!

真面目な性格の私は(笑)、本陣痛が来るように念じながらフロアをずっと歩き回っていました。

 

そうこうしているうちにお昼になり… また全て綺麗にいただきました(*´∀`*)

f:id:foodie-dorothy:20170201140642j:image

 

そして面会時間(13時)になり、主人が再登場。そこから主人と一緒にフロアを歩き回り…1時間程したところで、ついに定期的な痛みになってきました!

よっ待っていました、本陣痛!!私に痛みが来る度、主人が「よぉぉーっし!!」と喜んでおり(笑)こんな風にこの時点では陣痛を楽しんでいられました。

歩き続けていると次第に痛みが増してきて、痛みを感じる時間も長くなってきて…本陣痛が始まってから約3時間半後、いよいよLDR室に移動できることになりました*(^o^)/*

 

続く…♡

出産レポートその2 -LDR室での出産-

 

Dorothy

 

出産しました!

今日は出産予定日です。

そして、予定日の9日前…深夜の突然の破水から約20時間後に、息子が誕生しました!!!

初産にも関わらず予定の半分の時間での出産で、助産師さんにとても驚かれました。

息子よ〜頑張って痛みに耐えて出てきてくれたんだね〜ありがとー♡

 

既に退院して、親子3人で生活してます(*´∀`*)

まだ産褥期なので家事は無理をせず、家族に支えてもらいながら息子のお世話をしてます。

ありがたいありがたい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

忘れないうちに出産レポート書きたいと思ってます!

 

深夜の授乳中、荒ぶる息子!可愛いすぎかっ(*´꒳`*)

f:id:foodie-dorothy:20170124121117j:image

 

Dorothy